PRを含みます

歴代内閣総理大臣の在職日数長さランキング(1~20位):在職日数の長い首相、短い首相は誰か

首相官邸 各種ランキング
スポンサーリンク

歴代首相の通算在職日数の多い人ランキング、少ない人ランキングを作成しました。それぞれ退任時の年齢や在職時期も項目にくわえています。

なお、在職日数はそのときの政治状況によって大きく左右されるため、在職日数の長さ=首相としての能力という前提にはしておりません。

※関連記事:歴代内閣総理大臣の一覧

スポンサーリンク

歴代首相の通算在任期間の長い人ランキング

歴代首相の通算在職日数の多い順にランキングにしました。数次にわたって組閣した人が多く、最終的な首相退任時の年齢も項目に加えました。

※関連記事:歴代内閣総理大臣の出身地別人数

1~10位

歴代首相の通算在職日数ランキング1~10位は以下のとおりです。

順位氏名通算在職日数退任時年齢
1位安倍 晋三3,18865歳
2位桂 太郎2,88665歳
3位佐藤 榮作2,79871歳
4位伊藤 博文2,72059歳
5位吉田 茂2,61675歳
6位小泉 純一郎1,98064歳
7位中曽根 康弘1,80669歳
8位池田 勇人1,57564歳
9位西園寺 公望1,40063歳
10位岸 信介1,24163歳
首相官邸HPをもとに作成

上位10位のうち3名は主に明治時代に首相を務めた人たちです。伊藤博文、桂太郎、西園寺公望。

彼ら以外の7名は全員戦後に首相を務めています。

大正時代のはじめから太平洋戦争終結までの約30年間に、政治の中心人物が短期間で変わっていたことが伺えます。それだけ政治的な変化のはげしい時代だったと言えそうです。

また、長く務めていたにもかかわらず、退任時の年齢はほぼ60代です。65歳までの退任が7名で、70歳以上は2名だけでした。

年齢的に、首相退任にまだまだエネルギーが残っていたと思われます。

11~20位

11~20位は以下のとおりです。

順位氏名通算在職日数最終退任年齢
11位山縣 有朋1,21062歳
12位原 敬1,13365歳
13位大隈 重信1,04077歳
14位近衞 文麿1,03550歳
15位東條 英機1,00959歳
16位松方 正義94363歳
17位橋本 龍太郎93261歳
18位田中 角榮88656歳
19位鈴木 善幸86471歳
20位海部 俊樹81860歳
首相官邸HPをもとに作成

1~10位までとは違い、11~20位は戦後の首相が4名と少数派になります。16位までは山縣有朋、原敬、大隈重信、近衞文麿など、明治時代から太平洋戦争終結までの時代に首相を務めた人たちがずらっと並びます。

なお、11~20位も65歳以下での退任が10名中8名です。

※関連記事:大臣の格付けランキング:歴代内閣総理大臣が何の大臣をしていたことが多いかを紹介

働くあなたに簡単レシピでバランスごはんをお届け♪食材宅配のヨシケイ

歴代内閣総理大臣の通算在任期間の短い人ランキング

つづいては、通算在職日数の逆ランキング、つまり短い首相順に並べてみました。

在職時期が特徴的なので、いつからいつまで在職していたのかを項目に加えています。

1~10位

氏名在職期間通算在職日数
1位東久邇宮 稔彦王1945年8月17日~1945年10月9日54
2位羽田 孜1994年4月28日~1994年6月30日64
3位石橋 湛山1956年12月23日~1957年2月25日65
4位宇野 宗佑1989年6月3日~1989年8月10日69
5位林 銑十郎1937年2月2日~1937年6月4日126
6位鈴木 貫太郎1945年4月7日~1945年8月17日133
7位阿部 信行1939年8月30日~1940年1月16日140
8位犬養 毅1931年12月13日~1932年5月26日156
9位清浦 奎吾1924年1月7日~1924年6月11日157
10位米内 光政1940年1月16日~1940年7月22日189
首相官邸HPをもとに作成

通算在職日数の短い首相10名のうち4名は2か月前後で退陣していました。

特徴的なのは、1933年国際連合脱退から1945年太平洋戦争終結の12年間に10名のうち6名が固まっている点です。激動の時代で、政治のかじ取りが非常にむずかしかったことが伺えます。

なお、「何もせんじゅうろう内閣」と揶揄された林銑十郎内閣は5位で、4か月はもちこたえていました。4位の宇野内閣とくらべて約2倍の長さです。

11~20位

氏名在職期間通算在職日数
11位高橋 是清1921年11月13日~1922年6月12日212
12位芦田 均1948年3月10日~1948年10月15日220
13位幣原 喜重郎1945年10月9日~1946年5月22日226
14位平沼 騏一郎1939年1月5日~1939年8月30日238
15位小磯 國昭1944年7月22日~1945年4月7日260
16位細川 護煕1993年8月9日~1994年4月28日263
17位鳩山 由紀夫2009年9月16日~2010年6月8日266
18位片山 哲1947年5月24日~1948年3月10日292
19位廣田 弘毅1936年3月9日~1937年2月2日331
20位麻生 太郎2008年9月24日~2009年9月16日358
首相官邸HPをもとに作成

通算在職日数の短いランキング1~10位のうち6名が、1933年国際連盟脱退から1945年太平洋戦争終結の期間に首相を務めた人たちでした。

11~20位でもこの傾向はつづき、さらに5名が1933年~1945年の間です。

また、逆ランキング20位の麻生首相も在職日数は358日とほぼ1年間務めています。

※関連記事:歴代の法務大臣の一覧

歴代内閣総理大臣の通算在職日数の平均

最後に、通算在職日数の平均をみてみます。

首相をつとめた人(現職除く)は63名おり、平均の通算在職日数は786日でした。

そのうち、平均以上の首相は21名、平均未満の日数だった首相は42名です。

通算平均日数786日
平均以上の首相(名)21
平均未満の首相(名)42

平均すると1人2年ほど首相を務めた計算ですが、2年間首相を務められた人のほうが実は少数派です。

安定にはほど遠いお仕事です。

※関連記事:歴代内閣の最低支持率ランキング

歴代内閣総理大臣の足跡がわかる本

歴代首相の功績や人柄についてくわしい本を2冊紹介します。

※関連記事:歴代内閣の最低支持率ランキング

『今だから言えること 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影』

歴代首相の人柄や裏話が書かれているシリーズです。

著者は元朝日新聞編集委員で政治評論家、ジャーナリストをしていた国正 武重氏です。

『湾岸戦争という転回点』(岩波書店)で日本記者クラブ賞を受賞し、『権力の病室―大平総理最期の14日間』(文藝春秋)、『後藤田正晴語り遺したいこと』(岩波書店)など、多数の著作があります。

小沢一郎氏・菅直人氏・鳩山一郎氏/由紀夫氏親子・田中角栄氏など↓


今だから言えること 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影

細川護煕氏・田中角栄氏・野田 佳彦氏など↓


今だから言えること2 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影 今だから言えること 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影

野田佳彦氏・安倍晋三氏・土井たか子氏・宇野宗佑氏など↓


今だから言えること3 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影 今だから言えること 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影

竹下登氏・宮澤喜一氏・加藤紘一氏など↓


今だから言えること4 「何故、伊東正義さんは、総理大臣のイスを蹴飛ばしたのか」 今だから言えること 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影

出版社:ArsLonga

『増補新版 歴代首相物語』

伊藤博文氏から安倍晋三氏まで、主要な経歴・事績・エピソードを当時の国際情勢や政治状況をふまえて紹介してくれています。


増補新版 歴代首相物語 (ハンドブック・シリーズ)

出版社:新書館

まとめ

いかがでしょうか。

歴代首相の通算在職日数をランキング形式で紹介しました。

上位10位以内には安倍元首相、小泉元首相など戦後の首相が多くランキングしています。逆に、通算在職日数の短かった首相の多くは1933年の国際連盟脱退から1945年の太平洋戦争終結までの時期に首相を務めた人たちでした。

時代によって首相の立場の安定性が変わることが分かります。

※関連記事:歴代内閣総理大臣と当時の時代背景(年表)

コメント

タイトルとURLをコピーしました