スポンサーリンク
各種ランキング

歴代の内閣官房長官一覧:官房長官を長く務めた政治家1~10位のランキングを紹介

内閣官房長官を務めた歴代政治家を一覧で紹介しました。1位は菅義偉氏で、安倍内閣で長く官房長官を務めました。2位は福田康夫氏で小泉内閣の官房長官を長く務めました。二人とも、歴代内閣でも長命の内閣で官房長官を長く務めたことと、その後に総理大臣になっているという点で共通しています。
各種ランキング

大臣を長く務めた政治家ランキング:通算在職日数の長い政治家を15位まで紹介

大臣在任日数の長い政治家をランキングで紹介します。1位は宮澤喜一氏で、通算5777日も大臣職を務めました。令和に大臣を務めた人のなかで最長は麻生太郎氏(4726日)です。昭和戦後の総理大臣経験者や明治時代に大臣を務めていた人がランキングに並びます。日露戦争から太平洋戦争終了までの期間に大臣職にいた人は上位にはいません。
各種ランキング

大臣を多く務めた回数ランキング:日本の歴代内閣で何度も大臣になった人を紹介

日本の歴代内閣で担当した大臣職の多い政治家をランキング形式で紹介しました。1位は麻生太郎氏で、25年の間に計36の大臣職を務めました。また、平成以降に多くみられる「内閣府特命担当大臣」や「〇〇担当」をのぞくと、麻生太郎氏や宮澤喜一氏のように経済に強い政治家が長期間大臣を務めるケースが目立ちます。
各種ランキング

歴代内閣の大臣の一覧:明治から令和までの大臣数の変化を総まとめします

日本の歴代内閣の大臣の一覧を紹介しました。大臣ポストは全部で4043、大臣を務めた人は1402人いました。1人平均3ポストを兼務している計算です。時代によっても大臣数は大きく異なります。明治から昭和(戦前)までは20前後ですが、内閣府特命担当大臣が新設された平成の終わりごろから50-60ほどに急激に増加しています。
各種ランキング

歴代内閣での女性大臣の割合:女性閣僚の多かった内閣上位3つはどれか?

歴代内閣における女性大臣の人数や割合をまとめました。女性大臣の割合が最も高かった内閣は小泉内閣で、岸田内閣、安倍内閣とつづきます。ただ、いずれの内閣も女性大臣の割合は20%を下回っており、海外と比べて低いです。ただ、昭和→平成→令和と女性閣僚の割合は急激に上昇しています。
各種ランキング

女性大臣:日本の歴代内閣での女性大臣の人数と女性が任命された大臣職を紹介

日本の歴代内閣での女性大臣を一覧で紹介し、女性大臣の人数やその大臣職についてまとめました。日本ではじめての女性大臣は中山マサ氏で、その後のべ100名以上の女性が大臣に任命されています。任命された大臣職の多くは内閣府特命担当大臣か法務大臣です。
各種ランキング

大臣の格付けランキング:歴代内閣総理大臣が何の大臣をしていたことが多いかを紹介

歴代総理大臣が過去にどの国務大臣を経験していたかをランキング形式で紹介しました。国務大臣職はどれも非常に重要な役割を担っていますが、総務大臣になった人の6割は総務大臣、財務大臣、外務大臣、内閣官房長官のいずれかを経験していました。国務大臣としての経験は内閣総理大臣就任後の政策にも影響を与えています。
政治活動

【日本の国務大臣】大臣の職務内容を省庁ごとに紹介:大臣は給与をいくらもらってるのか

日本の国務大臣の役割を省庁ごとに紹介しました。日本には復興大臣含めて15の国務大臣職があります。それぞれの専門領域で必要な政策を立案し、国内外問わず推進しています。また、大臣の給与は法律で決められており、総理大臣の年収は約4,000万円、そのほかの国務大臣の年収は約3,000万円です。
政治活動

内閣不信任決議:不信任決議が可決された日本の歴代内閣4つとその経緯を紹介

内閣不信任決議とは何か説明し、不信任決議が可決された歴代内閣4つ(吉田内閣2回、大平内閣、宮澤内閣)と可決までの経緯を紹介しました。不信任決議は衆議院で過半数の賛成票が必要です。政権に対する世論の強い反発に加えて、与党内での造反者が大量に出たときに可決されます。
各種ランキング

歴代内閣の最低支持率ランキング:歴代総理がワースト支持率を記録してしまった理由(不祥事など)を紹介

歴代内閣の支持率をランキング形式で紹介しました。内閣発足時に最高支持率を記録し、内閣総辞職時に最低支持率を記録することが一般的ですが、小渕内閣と小泉内閣は例外で辞職時にも比較的高い支持率でした。各内閣発足の経緯やスキャンダル、支持率低下の理由も合わせて紹介しています。
スポンサーリンク