政治活動

スポンサーリンク
政治活動

議員年金の必要性と現実:なぜ必要だったのか、そして廃止後の影響を解説

議員年金について説明しています。国会議員なら10年、地方議員なら12年在職すると、65歳から年間400万円にもなる年金が支給されます。2006年に廃止が決定しましたが、廃止前に受給資格を得ていた議員については年金が支給されます。議員のすそ野を広げるために必要という主張もありますが、議員年金の復活はほぼなさそうです。
各種ランキング

世界の女性議員の人数や割合:日本は世界で何位?先進国(G7やOECD)のなかで何位?

世界の女性議員の割合をまとめて紹介しました。世界では26.9%が女性議員です。世界200か国近いなかで日本は163位で、G7やOECD加盟国のなかではどちらも最下位です。さらに女性大臣の割合も164位とかなり低迷しています。女性政治家の増加は世界より数年遅れではじまり、その後の上昇カーブは極めてゆるやかです。
政治活動

女性政治家の人数や割合:女性議員の割合が高い政党はどこか?なぜ日本は女性議員が少ないのか?

日本の国会における女性政治家の人数や割合をまとめて紹介しました。 2000年以降、女性の国会議員は10%を越えています。ほとんどの内閣でも女性大臣の割合は10%を越えていますが、15%ほどで停滞しています。政党別には日本共産党が2023年時点で女性議員比率33%と高いです。女性議員の増加には選挙制度や慣習が壁です。
各種ランキング

政党のSNS登録者数ランキング:YouTube、インスタグラムそれぞれの登録者数や投稿数を紹介

政党のSNS登録者数ランキングを紹介しました。YouTubeとインスタグラムの登録者数(フォロワー数)、動画アップ数、動画アップのペース、投稿数など。れいわ新選組、参政党、公明党はYouTubeの登録者数15万人越え、公明党、自民党、参政党、れいわ新選組は法人アカウントとしてはフォロワー数が上位1割以内のようです。
政治活動

政党の党員数ランキング:党員の特典、党費の高い党・安い党、党員になるメリット・デメリットを紹介

政党の党員数をランキングにしました。自民党は100万人超を維持しており、公明党も40万人以上です。日本維新の党は毎年党員数を伸ばしており、参政党も急激に増加しています。れいわ新選組のように党員(オーナー)は数千人でも、SNSで数十万人の登録者数を抱えている党もあります。政治活動への積極参加を考え中の人はご参考ください。
政治活動

政党交付金とは:政党交付金の仕組みと、不正利用があるのに制度が存続する理由

政党交付金(政党助成金)とは何かを、その仕組みや誕生経緯から説明しました。一定の要件を満たした国政政党に対して、政治活動の資金的な助けとして、日本の人口×250円が分配されます。使い道には公開義務があり、余ったお金は返還されます。不正利用が後を絶ちませんが、ロッキード事件のような汚職は減っています。
政治活動

政党支持率の推移:自民党やほかの政党の支持率はどのように変化したのか

今後の選挙活動への参考にNHKの政党支持率調査の結果をもとに、1998年から現在までの政党支持率をまとめました。自民党の支持率は平均して30%以上あり、ほかの政党を圧倒しています。特に2013年以降はほぼ40%近くを維持していました。野党ではれいわ新選組や日本維新の会といった新しい政党が近年支持率をやや伸ばしています。
政治活動

政治家の給料はいくらなのか:日本の国会議員と世界の国会議員の年収を比較

政治家の給料がいくらなのかをまとめました。国会議員の年間給与は3000万円で、国民の平均給与と比べると6.6倍です。非課税の報酬がさらに2000万円以上あります。世界の国会議員とくらべるとかなり高額ですが、他国では職務手当が1億円超えもあります。 給与が不透明なことは世界も日本も大差ないようです。
政治活動

政治家の税金事情:納税義務はない?源泉徴収されてる?政治家が税金を優遇されている理由を解説

政治家の税金事情をまとめました。政治家には納税義務があり、給与も源泉徴収されます。ただ、給与以外に支払われる非課税の報酬もあります。国会議員なら文通費・立法費・寄付金、地方議員なら政務活動費です。不正利用が疑われるケースが発生しており、個人の資質のほかに選挙制度上の課題も指摘されています。
政治活動

政治家になるにはどうすればいいか【地方議員】:公約はいる?選挙活動にお金はいくらかかる?年収は?

政治家になるためには25歳以上、都道府県知事なら30歳以上で日本国籍が必要です。選挙の届け出には15万円から300万円の供託金を納めておく必要もあります。選挙活動にも500~600万円程度は必要ですが、選挙活動に補助費を支給してくれる自治体もあります。また、地域創生などの公約も作成する必要があります。
スポンサーリンク